秋葉原

秋葉原の異業種・IT交流会【 秋葉原IT交流会の特色 】
2018年10月現在、秋葉原ではIT交流会のみ開催です。システム開発やWEB制作会社、SES事業、受託開発、IT関連通信機器販売事業等の企業が大半を占めます。
また異業種の企業でも社内システム導入検討やIT関連に転職を検討している方、IT関連新規事業展開を検討している方、秋葉原駅から総武線が通っているので、千葉県の企業もよく参加される交流会になります。

【 秋葉原交流会の開催実績 】

秋葉原|IT交流会|異業種交流会

【 秋葉原交流会の開催日程 】

【 秋葉原の歴史 】

昭和50年(1975)に旧国鉄秋葉原貨物駅が廃止され、平成元年(1989)には神田市場も廃止されて、都内有数の大規模跡地を有することに。 平成5年(1993)、新たに都市高速鉄道つくば線(常磐新線)の乗り入れ(秋葉原~新浅草)が決定 もともと秋葉原地区は、JR山手線・総武線で都心や副都心へのアクセスが容易な場所だったがつくばエクスプレスが開通し、柏・流山を経由して、高度な研究・教育施設が集積するつくばへと至り、約3百万人の後背人口を新たに抱えるターミナル駅となる。